2005年07月18日

女王の教室 第2話

女王の教室 第2話 2005年7月9日放送
 和美をかばった進藤ひかるが雑用係である代表委員をやることになった。和美はひかるに申し訳ないと思っていた。だから、和美は廊下で阿久津に恐る恐る抗議をした。
『授業以外で私に話しかけて良いのは、成績上位者2名だけです』
と突き放す阿久津。そして、偶然その廊下で会ったひかるに
『あなたが言ったの?(和美に)許してくれるように言ってくれって。』
「そんなこと言っていません。」
とひかる。
『この際だから言っておくけど、いくら成績が良くても私に逆らっている限り罰を与えますからね。生徒が教師に逆らうなんてとんでもない話です。』
その夜、和美は姉の優に阿久津のことを相談する。
次の朝、和美は遅刻しそうになったところを由介に助けられる。しかし、授業のときに友達の恵里花がたまごっちを取り上げられたのを契機に、和美のグループは不満が爆発。親から抗議してもらうという作戦を立てた。
次の日、クラスの親たちが学校に乗り込んできた。阿久津は抗議に来た親たちと一人一人面談をするという行動をとった。そして、親たちは口々に阿久津先生は良い先生だといって帰っていったのだ。
『それはあなたたちより私のほうがずっと親を理解しているからよ!』
と阿久津はクラスの生徒たちに言った。
 学校の防犯のため6年生は体育館に集められた。そして、実際に不審人物が入ってくるという想定で並木や天道が実演しようとしたところ、阿久津は防犯は先生がしっかり考えていればそれでよいと言い、6年3組は教室に戻るように指示。そんな時、由介が実際にどんな考えがあるのか教えてくれと阿久津に問う。阿久津は不審者役の並木をコテンパにすることでそれを証明する。教室に戻った阿久津は生徒たちに、すべて生徒のことを知っているので逆らっても無駄だということを言う。由介はそれでも食いつくが、逆に由介の父が刑務所に入ってることをクラスのみんなにバラされる。そのあとも由介に対して攻撃を仕掛ける阿久津。そんな時、
「もうやめて!」
和美は叫んだ。今まで由介に助けられたことを和美はずっと話し続けた。
『あなたが代表委員をやりなさい!みんな良かったわね。きっとこれから一年、この二人がずーっと、雑用をやってくれるわよ。』
放課後、阿久津は成績がクラスで下から3番目の馬場久子に組まないかと声をかける。
posted by マイケル at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 女王の教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン桜 第1話

ドラゴン桜 第1話 「バカとブスこそ東大へ行け」 2005年7月8日放送
桜木建二 阿部寛
井野真々子 長谷川京子
矢島勇介 山下智久
水野直美 長澤まさみ
奥野一郎 中尾明慶
緒方英喜 小池徹平
香坂よしの 新垣結衣
小林麻紀 サエコ
龍野百合子 野際陽子

平均偏差値74。毎年東大に50人以上の現役合格者を出す一流進学校、秀明館高校。その秀明館のすぐ近く、平均偏差値36。大学進学率2%。もちろん今まで東大合格者はなしのバカ学校私立龍山高校。今、その龍山高校に一人の男がやってきた。桜木建二38歳。龍山高校は倒産寸前。そこに弁護士の桜木が高校の運営担当で現われたのだ。24億の負債を抱え、偏差値があまりにも低いという噂が立ったため今年度入学者は定員300名に対したったの165名。これ以上事業継続不可能と判断されたため、資産を債権者に分配したのち清算そして解散という結論に達した。そのため桜木が裁判所から派遣されてきたのだ。桜木は以前暴走族をやっていた弁護士として雑誌に取り上げられていた。その桜木を龍山高校の教師たちは快く受け入れるはずがなく騒ぎとなる。学校法人の清算は全国初。桜木はこれを何とか利用して誇れる実績にしたいと考えた。それにはただ清算をしただけではすぐ自分の役目は終わってしまう。それではたいした実績にならない。桜木は考えた。何かやるならもっと面白いことをと。
 次の日桜木は井野真々子に頼んで水野直美を呼び出す。突然バイトの以来をする。10分間黙って人の前に立つだけのバイトだ。水野はどうせ暇だということで引き受ける。そして債権者説明会で桜木は特別進学クラスを設置し、龍山高校の落ちこぼれ生徒を東大に入れることにより龍山高校の経営状態の改善をはかるという起死回生の具体案を発表する。まず5人の東大合格者を出すと豪語。まわりの人はできるわけないと反論する。桜木はなおも水野をみんなの前に呼び
『この生徒が来年の東大合格者第1号です!』
といった。桜木は今の東大受験に対する戦略をとうとうと語る。そして桜木は債権者たちに高校を倒産させずに様子を見ることを了承させる。
 桜木は教師たちを一旦いっせいに解雇し、そのあと有能な人材とは再雇用契約を結ぶことを伝えるが、猛反発にあう。しかし、桜木は強引に教師たちをねじ伏せる。
 臨時朝会を行うことになった。そして特別進学クラスの担任として桜木建二が紹介された。そこで桜木は
『どいつもこいつもバカ面ばっかだ!お前ら一生負け続けるんだ!』
『負けるっていうのはなぁ。だまされるってことだ!』
『賢い奴はだまされずに得して勝つ!バカはだまされ損して負け続ける!これが今の世の中の仕組みだ!』
『だまされたくなかったら、損して負けたくなかったら、お前ら勉強しろ!!』
シーンとなる。
『手っ取り早い方法を教えてやる。東大へ行け!!』
その時突然桜木に向けてバスケットボールが飛んでくる。矢島だった。矢島は桜木に猛反発する。バスケットボールをとり、遠距離から投げゴールを決める。そして
『バカとブスこそ、東大に行け!!』
と。
posted by マイケル at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

電車男 第1話

電車男 第1話
2005年7月7日放送

青山沙織(25)  伊東美咲
山田剛司(23)  伊藤淳史
陣釜美鈴(26)  白石美帆
沢崎果歩(25)  佐藤江梨子
観月裕子(30) 須藤理彩
啓  介(23)  速水もこみち
松永勇作(30)  劇団ひとり
川本信二(27)  菅原永二
黒木文人(40)  佐藤二朗
及川尚人(28)  前川泰之
山田 葵(17)  堀北真希
武田花梨(17)  小出早織
山田恒生(48)  岸部シロー
桜井和哉(38)  豊原功補
青山由紀(48)  秋吉久美子
<ネットの住人達>
皆本宗孝(25)  小栗旬
牛島貞雄(38)  六角精児
一坂 進(40)  温水洋一
富  永(40)  我修院達也
浅野真平(29)  山崎樹範

秋葉原、そこには他と違った人種が集まる。いわゆるアキバ系。山田剛司もそのアキバ系の一人。気が弱く、街を歩いているだけでいろいろ声をかけられ、必要のない商品を買わされてしまう。剛司は総武線の中で読書をしている青山沙織に出会い、一目惚れをする。思わず『キター!』と小さく言ってしまう。見れば見るほどニヤケテしまう。剛司は沙織と目が一瞬合った。剛司は驚いて目をそらしてしまうが、しかし彼は幸せの中にいた。そんな時、電車の中で一人の酔っ払いのじいさんが声を張り上げて近づいてきた。
「牛丼は何で夏はたまごを持って帰っちゃいけねぇーんだよ!何まぜりゃーいーんだよ!!オメーよー!なに携帯鳴らしてるんだよ!・・・」
とまわりに怒鳴り散らしていた。最後にそのじいさんは沙織に気がついた。
「ねぇちゃんよー!かわいいねぇ!」
沙織に近づくじいさん。
『やめてください!』
嫌がる沙織。しかし、やめるどころかだんだんエスカレートするじいさん。こともあろうに電車の中でズボンを脱ごうとするじいさん。
『やめろよ!!』
勇気をふりしぼって剛司が言った!
「なんだよ!?」
『やめろって言ってる●△◆☆○』
最後は言葉になっていないほど剛司は震えた。
「何だとこのガキ!」
『彼女が嫌がっているじゃないか!』
「何言ってんだよ、こらー!!」
そして、二人は取っ組み合いになる。剛司は地面に倒れる。そして、じいさんは周りの人に取り押さえられ、駅員に連れて行かれる。
『大丈夫ですか??』
沙織が剛司に話しかけた。鼻血に気付いた剛司は恥かしかった。沙織はきれいなハンカチを差し出すが、あまりにも綺麗すぎて受け取れない剛司。そして、その事件の関係者たちは交番に集められて事情を聞かれた。そのときに剛司はおばさんに住所を聞かれたのだ。沙織にも聞かれた剛司は舞い上がった。
 家に帰った剛司は、この幸せを伝えたくてパソコンに書き込んだ。全国からさまざまな反応があった。剛司はその夜興奮で一睡もできなかった。
 次の日から、剛司にはまた平凡な生活が訪れた。といっても仕事の契約が取れず怒られるという。そして、いつものように今日もそんな辛い形で終わるのかと思ったが、剛司はふとあることを思い出した。沙織からのお礼が来てるかも知れない・・・ということだ。帰宅した剛司は荷物が届いているか父に尋ねた。父は女性から荷物が届いているという。剛司は天にも昇る気持ちだった。しかし、贈り主はおばさんたちだった。それを剛司はネットに書き込んだ。剛司はネット仲間から励ましの言葉をもらった。そしてその時剛司は23歳になった。
 その日の朝、父は誕生日ケーキを作っていた。2階から降りてきた剛司は感激した。しかしそこでおかしなことに、妹の葵がそのケーキを箱にしまい学校に持っていこうとしたのだ。父に聞いてみると葵と葵の彼氏がつきあって1年になるから腕を振るって作ったと言われる。剛司の誕生日を覚えていたのではなかったのだ。会社に行っても上司にいじめられ、道端で風船が木に引っかかって取れずに泣いている少女を見かけ取ってあげようとする剛司だが失敗し足を捻挫。少女に会社の書類を川に捨てられてずぶ濡れになりながら書類を拾う。タクシーを拾おうと思ってもなかなかつかまらず、やっと取引先の会社に着いたときには会社は終わっていた。そこで待たされていた陣釜に
「あなた生きてる価値ないんじゃないの?」
とまで言われ、剛司は泣くしかなかった。一人でビルの屋上で自分の誕生日を祝う剛司。手にはショートケーキひとつ。今までのひどい言われようを思い出し、泣きながらケーキを食べる。自殺しようと柵を登るがそんな勇気もなかった。家に帰るとひとつの小包が届いていた。手紙を読んでいくうちにあの時の沙織だとわかる。事件ダーーー!!!チャットに書き込む。全国のネット仲間が剛司を応援してくれた。剛司は胸が熱くなる。沙織の贈ったカップがHERMES(エルメス)だとわかるとみんな驚く。みんながおもいおもいのアドバイスする中、剛司は迷った。電話をかけようとするが通話ボタンを押す勇気がない。そんな時、電車男 がんばれ!というレスが届いた。剛司は変わったのだ!みんなに励まされて・・・。

posted by マイケル at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

新番組 スローダンス Vol.1

スローダンス Vol.12005年7月4日放送
芹沢理一 妻夫木聡
牧野衣咲 深津絵里
長谷川幸平 田中圭
小池実乃 広末涼子
江上政之 勝村政信
八嶋優太 小泉孝太郎
広瀬歩美 小林麻央

 芹沢理一はいつも毎朝HEMINGWAYという店でダブルトールカプチーノを買うのが日課だ。この日、理一はいつも頼んでいるダブルトールカプチーノではないと気付く。牧野衣咲は教習所に行く途中にHEMINGWAYに立ち寄った。教習所行きのバスが来る前にコーヒーを買おうと思ったのだ。衣咲の順番が来たとき理一は横入りして、注文と違うので取り替えるように店員に言う。衣咲は理一にちゃんと並んでから言うようにと注意する。そこでもめているうちに、教習所行きのバスが行ってしまった。仕方なく衣咲はタクシーで行く。理一は教習所の教官だった。理一はさっきの女性が牧野衣咲だということを知る。さらに衣咲は理一が高校のときの教育実習生だった。
 衣咲はその夜、恋人の江上政之とレストランで食事をする。そして、政之にプロポーズの返事を求められ、OKする。しかし、そのあと政之から来週フランクフルトに一緒に行ってくれるように言われ戸惑う。衣咲はすぐには一緒にドイツには行けないと言う。
 次の日、理一と衣咲は教習所で偶然一緒の車になる。その中で衣咲は彼氏のこととか仕事のこととか一方的に話していた。そこで、理一は衣咲が教師をやっていないことを知る。衣咲は政之から連絡が一向に来ないことを理一や部下の小池実乃にぐちぐちとこぼしていた。
 独身なのにミセス・パンサーのマネージャーになった衣咲は部下の実乃と営業の八嶋優太と3人で居酒屋で飲んでいた。まもなく八嶋を強引に帰らせた実乃は、教習所で声をかけてきた理一の友人の長谷川幸平を待っていたのだ。幸平と一緒に理一もやってきて、衣咲と鉢合わせになった。すでに衣咲は酔っていて暴言を吐きまくっていた。実乃は終電のため先に帰った。それを送っていこうと幸平も。つまり、酔っ払った衣咲を理一が送っていくはめになったのだ。部屋まで衣咲を送って、帰ろうとした理一だったがその時、政之が彼女のマンションを訪れた。理一はあわててしまった。理一は政之と話し月曜に政之がフランクフルトへ発つことを知る。
 幸平の工場で理一はまた衣咲に会うが、衣咲の言葉に理一はキレれてすごい勢いで衣咲に説教する。
 次の日、教習所でまた一緒になった理一と衣咲。突然理一は
「行かなくていいんですか?」
『行くってどこに?』
「空港。」
『空港?何で?』
「見送り。」
『誰の?』
「あなたの彼なのか、元彼なのかもしれないですけど。今日ですよね?ドイツ行くの。」
『今日!!??』
「だって月曜日って・・・。」
『何で君が知っているわけ!?』
「だってこの間、彼が来たんだもの。」
『来たって、どこに?』
「だから、あなたの家に彼が来たんですよ。」
そして、空港に向かう理一たち。空港についてインフォメーションでフランクフルト行きを訪ねるが、無常にも全部出発したことを知る。そのとき、理一は偶然にも元恋人広瀬歩美に会ってしまう。
 その夜、理一はHEMINGWAYで衣咲に会う。理一は衣咲に今までの人生を語る。そして、衣咲の教育実習の時にいってくれた言葉に勇気付けられたことを理一は正直に打ち明けた。

<マイケルの一言>ドラマの中で広末涼子が
『女って、男の人の前でキャラ変えるのって当たり前ですよね!』
というようなことを言っていた!それは本当ですか???女性ってキャラ変えるの得意なんですか?マイケルは誰の前でも同じなので(見知らぬ人の前ではしゃべりませんが)わかりません。誰か女性の方、コメントくださーい!待ってまーす。
posted by マイケル at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます第1回 2005年7月3日放送

続きを読む
posted by マイケル at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いま、会いにゆきます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

名探偵コナン 『救急車を呼びに行った男』

名探偵コナン 『救急車を呼びに行った男』 2005年7月4日放送


早朝、ジョギングをしていたお笑いタレントの広松広が道端で倒れている男を発見。救急車を呼んだがなかなか来ないので広松は呼びに行った。それから、広松が戻ってみると現場には警察が来ていた。米花東署の桜田刑事という傲慢な刑事は第一発見者である広松を疑っていた。その後、高木刑事そして芸能プロダクション社長安永雪子・俳優の水原良二が現れた。倒れてる被害者の男は大久保いわおで水原のマネージャーである。遺体は笑っており、手はピースの形をしているという実に奇妙な死に方だった。水原と広松は同じアパートの隣同士。大久保は朝まで水原の部屋で『水原の今後の仕事の展開について』話していたのだ。そして、始発電車に乗るために大久保は駅へと向かったあと4:40ころ道端で殺害されたのだ。
 今後の水原の仕事の展開の内容とは決して笑わないクールな二枚目という水原のスタイルをやめ、笑顔を前面に出していこうとするスタイルに切り替えようという話し合いだったことを安永社長から聞きだすコナン。決して笑わないクールな二枚目というスタイルを崩したくなかった水原は大久保を殺害したのだ。大久保は死ぬ間際でも水原に対して、笑顔を忘れるなと訴えながら死んでいったのだ。最後の一瞬まで大久保は水原のことをおもっていたのだ。
posted by マイケル at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 名探偵コナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックジャック karte:34 「揺れる手術室」

ブラックジャック karte:34 「揺れる手術室」 2005年7月4日放送

ブラックジャックは手術料の取立てに行った場所で小泉はちや(はっつぁん)にあう。はっつぁんは列車のガード下で暮らす住民だ。いつも振動と騒音に悩まされていた。そして、毎日駅に抗議に行っていた。この振動と騒音をネタに鉄道会社から迷惑料を取ろうとしていたのだ。そんな時、はっつぁんの女房が腹部の痛みを訴え家の中で倒れたということを聞いた。すぐさま、はっつぁんは家に戻り、女房に声をかけるが返事はない。ブラックジャックが診察したところ、病名は腹部解離性大動脈瘤だった。すぐに手術が必要だったが、ブラックジャックの素性を知り、高い手術料を取るとわかったはっつぁんは手術を断った。しかしそれが女房を見殺しにするとわかったはっつぁんは、ブラックジャックに再び手術を頼む。手術は最後の縫合だけとなり、成功するかに思えたがその時特急列車が通過し縫合できなくなった。2分に1度来るこの振動でまったく縫合できない。はっつぁんは鉄道会社の偉い人に電話をかけて訴えよとするが、いたずらだと思われ一向に取り合ってもらえない。だから今度はいつも抗議に行っていた駅長のところへ行く。駅長はまた来たのかと最初はうんざりしていたが、はっつぁんの涙ながらの訴えに心を打たれ、彼の力で列車を全て止めた。そして、手術は成功したのだ。
posted by マイケル at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックジャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

新番組 女王の教室

女王の教室 第1話 2005年7月2日21時放送


阿久津真矢(年齢不詳) 天海祐希
神田章子(37) 羽田美智子
天童しおり(25) 原沙知絵
神田武(39) 尾美としのり
神田優(15) 夏帆
神田和美(12) 志田未来
真鍋由介 松川尚瑠輝
進藤ひかる 福田麻由子
上野教頭(45) 半海一晃
近藤校長(55) 泉谷しげる
並木平三郎(44) 内藤剛志

この物語は悪魔のような鬼教師に
小学6年生の子供たちが戦いを挑んだ
一年間の記録

和美のクラスは6年3組だった。始業式の近藤校長のつまらない話の後、クラスの担任が発表された。1組は並木平三郎、2組は天童しおり、3組は阿久津真矢だった。はじめてクラスにきて言った言葉が『みんな、席に着きなさい』冷ややかな目でこういった。阿久津のクラスに決まりごとができた。月曜におこなわれるテストで成績の悪かった2名が代表委員となること。この代表委員は掃除当番、ウサギの世話、給食当番などクラスの雑用をすべてやるものである。成績の上位ものは特権を与え1時間目が始まるまでに学校に来ればよく、朝礼や朝の会などには出なくて良いというものだ。阿久津は生徒たちに、日本という国は特権階級の人が楽しく幸せに暮らせるために一般の人たちを安い給料で働かせ高い税金を払わせることで成り立っているということを説く。さっそくテストがおこなわれ和美は鉛筆が全部折れてしまって解答できず代表委員になってしまった。
 次の日給食に時間に和美はカレーをこぼしてしまう。5人分くらいしか残らず、阿久津と成績上位者しかもらえなかった。和美はカレーをもらえなかった生徒たちの冷ややかな視線を感じていた。和美の親友たちは天童先生に助けを求めた。そこで天童は6年の担任会議の時に給食での出来事について阿久津に指摘したが、逆に天童のクラスのことを指摘されてしまう。
 次の運命のテストの日がやってきた。和美はこの日のために勉強をがんばってきた。しかし、休み時間が終わったときトイレに行っていないことに気付いた。テスト中トイレを我慢できなくなり、和美は思い切ってトイレに行かせてくれるように阿久津に頼む。しかし、阿久津はとりあわない。そんな時、『神田さんをトイレに行かせてあげてください』と頼んだのがクラスの中の優等生ひかるだった。しかし、そのことで阿久津から睨まれたひかるは代表委員にさせられてしまうことになる。最後に阿久津は「みんな、この一年楽しいものにしましょうね!」と不気味な言葉を言った。

<マイケルの一言>今回嫌な先生の役を演じるのは離婚弁護士で有名な天海祐希。離婚弁護士の時の雰囲気とは打って変わってかなり暗そうな陰険な教師役を演じる。この教師がドラマの中でどう変わっていくのか見ものである。


posted by マイケル at 10:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 女王の教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

はぐれ刑事純情派 最終回スペシャル

はぐれ刑事純情派 最終回スペシャル 『安浦刑事よ 永遠に』2005年6月29日放送
安浦吉之助 藤田まこと
安浦ユカ 小川範子
田崎刑事 岡本麗
夏目刑事 植草克秀
真木刑事 村上信五
五十嵐刑事 森ほさち
安浦エリ 松岡由美
高木刑事 大場順
今井刑事 若林哲行
川辺課長 島田順司
横溝署長 梅宮辰夫
北見百合子 山本陽子
北見雅夫 猪野学
黒河佐代子 根本りつ子
美山雪絵 有馬稲子
黒河直人 神田正輝
片桐由美 眞野あずさ

 安浦ユカ、警察官試験合格。そして、安浦刑事は思いだす。山岡・野田・須藤何人もの若者たちが安浦の前から消え、町を守るために死んでいった。そんな時に、一家殺人事件が起こった。生き残ったのはその家の娘だった。事情聴取ができないほどショックを受けていた。安浦刑事が現場へ向かおうとしている途中、通りで錯乱している男を発見。逮捕した。その男が一家殺人事件を起こした犯人だった。しかもその犯人はその家の息子だったのだ。彼は麻薬中毒になっていた。その犯人に麻薬を売っていたのが篠原という男だった。篠原はすぐに山手中央署に連行されたのだが、篠原の妻が路地で射殺された。その銃弾が5年前北見正夫という男が使った拳銃の銃弾と一致したのだ。その北見をどこかにかくまっているらしい人物が黒河直人だった。北見には母百合子が人質のようになっており、黒河の命令には逆らえないのだ。安浦はこの黒河が黒幕であるとふんでいた。安浦はその黒河を道路交通法違反で逮捕し、会社を家宅捜索したが何も証拠は出てこなかった。仕方なく黒河を釈放。黒河は会社に戻り部下に、安浦刑事殺害を指示。
 エリ・ユカは母の生まれ育った根室へそれぞれ結婚と合格報告へ行った。そのあと、安浦は北見に撃たれる。安浦はそれでも一命をとりとめた。黒河はさらにエリとユカの殺害を北見に命じる。北見は根室までエリとユカを追ってきた。そして岸壁で二人を撃とうとしたがユカの言葉に撃つことができなくなった。しかし、その後黒河の部下が来て二人を拉致した。次の日根室の海岸で北見の遺体が発見された。すぐさま黒河から電話が入る。安浦の命と娘たちの命を交換したいと。安浦はそれを了承した。そして、捕まっている娘たちと会った。娘たちを逃がした安浦は絶体絶命。そんなとき山手中央署の刑事たちが現れるが、みんな拳銃を持っていなかった。黒河が安浦を撃とうとしたそのとき現れたのは黒河の娘と妻だった。「黒河!人の心のかけらが少しでもあるなら、俺に見せてみろ!」安浦は言った。そして事件は解決した。

<マイケルの一言>本当に地味なドラマだけど、感動するんだよなぁ。人間の暖かさが伝わってきますよ。18年間やってきたはぐれ刑事純情派も終わってしまうとは悲しいです。
posted by マイケル at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | はぐれ刑事純情派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

こちら本池上署 第3回 『本池上署爆破』

こちら本池上署 第3回 『本池上署爆破』2005年6月27日放送

 月間犯罪発生件数“0”達成が新聞報道され、それをいたずらのネタにしようと本池上署に爆弾を仕掛けたものがいた。そのいたずらの後、さらに48時間以内に本池上署を爆破するという電話があった。それはいたずらではなかった。犯人は『思い出せ』という言葉を言っただけで何の要求もしなかった。その言葉に第二方面本部長の小山田進一(西岡徳馬)は何か引っかかったようで、毎日本池上署に詰めていた。小山田は安田真由美という女性のお墓を訪れ手を合わせていた。2年前の6月27日午後6時に本池上緑地で真由美がストーカーに殺害されていたのだ。味里で食い逃げをした者を逮捕した前島恭平(ベンガル)だったが、爆弾犯である安田誠一郎(原田大二郎)の計略だった。安田は本池上署の留置所にまんまと侵入。前島を人質として。要求は小山田を安田のもとへ連れてくることだった。安田は小山田の友人だったのだ。安田は自分の娘真由美のことを守ってくれなかった小山田を恨んでいた。しかし、その時、椎名は事件当日の真由美の手紙を安田に見せる。爆破32秒前爆破装置を解除。そして事件解決へ。事件解決後、刑事一課:水木健司(金子賢)は父の介護のため退職する。

<マイケルの一言>椎名啓介には不可能はないのか??すごすぎる!彼みたいな人こそ出世して、良い警察組織というものを作ってほしい。
posted by マイケル at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | こちら本池上署 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。