2005年08月14日

スローダンス vol.5

スローダンス vol.5 2005年8月1日放送

 小池実乃(広末涼子)は鹿児島まで英介(藤木直人)を追いかけて行ってしまった。牧野衣咲(深津絵里)は教習所で自動車を運転しながら心配する。教官の理一(妻夫木聡)は必死に何も起こらないと衣咲をなだめる。

 衣咲は英介のことが気になって仕事に身が入らない様子。

 一方、英介の方は幻の焼酎『しば田』の3年ものを求めて交渉するが失敗。しかし、そのあと実乃が笑顔で交渉し、難なくしば田を手に入れてしまった。実乃と英介はお昼を食べて空港に戻るつもりだったが、なぜか実乃はもう少し残ると言う。結局、英介は実乃を置いていくことができずに鹿児島に一泊することになった。

 理一はその日の夜に届く英介の荷物を英介のお店にとりに行った。英介に頼まれたからだ。その時理一と一緒に遊んでいた幸平(田中圭)と木田(西野亮廣)も行った。そこへ衣咲と八嶋優太(小泉孝太郎)があらわれ、英介と実乃が鹿児島に一泊することを知る。幸平は衣咲から実乃も鹿児島にいることを聞かされ意気消沈する。一方はじめて会った木田と八嶋は仕事の話で盛り上がり、八嶋の仕事を10万5千円で引き受けることになった。

 夜中の鹿児島の街中で実乃は英介に誕生日だということを明かす。そして、6年前にその時付き合っていた彼氏と今日会って婚姻届を出しに行くということも。実乃は彼が来ないのが怖かったから鹿児島についてきたことを英介に打ち明ける。そして二人はキスをする。それから一晩を一緒に過ごした。

 衣咲のマンションに衣咲の母が突然あらわれ、来週の日曜日に再婚する予定の相手と会ってくれるように言った。そして、衣咲も31歳なんだから早く良い人を見つけるようにという余計なことまで行って帰って行った。

 次の日、仕事が休みの理一は歩美と会った。そして映画を見る計画を立てていたその時、木田から電話があった。木田は幼稚園で衣咲のキッズブランドのDVD製作の撮影中だった。しかし、子供たちが言うことを聞いてくれないので理一に助けを求めたのだ。理一は困った。考えたあげく、歩美に教習所の仕事が入ったとウソをついて幼稚園に向かったのだった。

 幼稚園に着いた理一はうまく子供たちを誘導し、遅れていた撮影も無事完了することができた。衣咲に監督に向いていると言われる理一。そんな時、歩美が現われる。幸平が余計な気を利かせてしまったのだ。理一は歩美に仕事だと言ったのでウソをついていたことになり合わせる顔がなかった。

 夜、実乃は一人でティファニーの店の前を歩いていたとき、6年前の恋人佐々木明から電話があった。彼は6年前の約束を覚えていたのだ。今度改めて会おうと言われる。実乃は英介にそのことを電話で話した。英介は
「よかったね!」
と実乃に言った。

 撮影の打ち上げで理一たちは居酒屋にいた。八嶋のおごりでみんな飲んでいた。衣咲もあとから駆けつけるはずだったが、なぜか行かずに英介の店に寄っていた。英介は実乃のことで弱っていて、お店を開店させていなかった。衣咲も若者についていけないと英介に弱音を吐く。英介は衣咲を抱きしめた。
posted by マイケル at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

スローダンス vol.4

スローダンス vol.4 2005年7月25日放送


 タクシーで歩美(小林麻央)を送り出す理一(妻夫木聡)。次の日幸平(田中圭)から電話があり、理一は居酒屋に呼び出された。呼ばれたのは理一だけでなく衣咲(深津絵里)もだった。衣咲は突然、
『聞いたよー!チューしたんだってね!』
噴き出す理一。しかし、実はそれは幸平と実乃(広末涼子)の話だった。キスの話で理一だけは真剣に話しを聞いていたので、衣咲は
『自分の身に置き換えてるだけだったりして!』
と鋭い指摘に、理一は内心ドキッとする。

 家に帰った後、理一は歩美に電話する。用事があったわけではないので、理一は会話が続かない。だから歩美はそんな理一を気づかって、花火を見に行かないかと誘う。理一は喜びのあまりガッツポーズ。そんな姿を英介(藤木直人)に見られる。英介は雪絵(蛯原友里)に追い出され、理一のマンションに戻ることになった。

 衣咲はキッズブランドの店舗探しを営業の八嶋優太(小泉孝太郎)と一緒にやった。八嶋に優しい言葉をかけられ、衣咲はホッとした。八嶋ごときにホッとしてしまった自分はヤバイのではないかと実乃に相談する。実乃は正常だと言う。八嶋にドキッとしたのではなくホッとしたのなら八嶋を男としてみているわけではないので大丈夫だと説明する実乃。それから実乃の王子様の話になり、実乃は6年前にした約束だけどやはり気になって約束がかなえば良いと思っているようだ。北海道の医大に行った彼氏は忘れているかもしれないが・・・。

 衣咲と実乃は英介の店で飲みなおすことになった。そこにはなんと歩美が友達と来ていたのだ。2人は歩美のことを悪く言っていた。3年前に理一と別れて今はその兄の英介にチョッカイを出していると。英介はそんな二人に、今も昔もずっと歩美は理一のことが好きだと言う。二人は呆然。

 歩美たちが帰ったあと、英介は衣咲と実乃に言った。
「俺さぁ、昔からわりと何でもできて、ほしいものも何でも手に入ってさぁ。けどたったひとつ、どーしても手に入らなかったものがあったんだよなぁ。」
『何??』
衣咲が興味ありそうに聞いた。
「妹!可愛い妹がほしくてさぁ。それで歩美のこと可愛がってただけなんだけどねぇ。」
『だったら、そう理一君に教えてあげればいいのに!』
と実乃が突っ込む。
「おれ、意地悪だもん!」
と英介が答えた。

 次の日雪絵がすごい形相で理一の職場に来た。雪絵は英介が本当に理一の所に帰ってきたのか確かめに来たのだ。
「雪絵ちゃんが追い出したんだよね?兄貴のこと!」
理一が聞く。
『出てってって言っただけ!帰ってくるなとは言ってない!』

 歩美と約束した花火大会は雨で中止になった。オシャレな店で食事をしていると、歩美の友達のグループがお店に入ってきた。理一と歩美はそのグループと一緒に食事をすることになった。理一以外の男性たちはすごくエリートみたいだった。その話についていけない理一。肩身の狭い理一だった。

 その夜遅くに理一は幸平と木田(西野亮廣)に呼び出される。歩美と別れた理一は幸平の家に向かう。彼らは近くの小さな公園で花火をやり、盛り上がる。そのあと、大学時代を振り返っていた。

 家に帰った理一のところに衣咲がやってきた。衣咲はさっきまで英介の店にいたが、実乃を英介の店に置いて先に帰ってきたのだ。その行動を理一はバカだと言った。英介と実乃がどうにかなるわけないよねと衣咲は理一に尋ねたが、理一は言葉に詰まった。それから、衣咲は若いころの自分と今の自分についていろいろ理一に話し、ビールを飲みながらだんだん自暴自棄になってきた。それを見ていた理一はもうお水にしましょうねと言って、衣咲の頭をなでた。衣咲はドッキッとした。

次の日、衣咲はそのことを実乃に話した。実乃はその時、鹿児島に来ていた。英介についてきてしまったのだ。そのことに気をとられ、衣咲は教習所の運転中ボーッとするのだった。

〈マイケルの一言〉一番最初に出てきたタクシーの運転手、感じ悪い!ですね。俺なら『黙ってろ!!』って、言えるわけないよね(笑)
 雪絵が『出てってって言っただけ!帰ってくるなとは言ってない!』と言う場面が面白いですね(笑)彼氏に出てけって言ったら、出て行った彼氏は普通すぐ帰った来ないでしょ!?笑えますね☆
posted by マイケル at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

スローダンス vol.3

スローダンス vol.3 2005年7月18日放送


 理一は歩美のことで悩んでいた。そのことを衣咲はずけずけと聞いてくるので理一は気分を害していた。合コンの席で歩美も3年前の理一と別れた海での一場面を思い出していた。そんな時、理一の兄英介から電話があった。

 そして、歩美と英介はバーで飲んでいた。英介は歩美に言った。
「言えばいいのに!私が好きなのは兄貴じゃなくて弟の方だって。3年前好きだったのは、今でも好きなのは理一だけだって。」

 英介は店を出す準備で追われていた。そこに理一が現われ、英介の今の恋人園田雪絵が家来たことを伝える。

 衣咲は夏のセールの打ち合わせを従業員に伝えた後、実乃にはなしかける。
「8月1日に王子様が迎えに来て、そのまま婚姻届を出して店をやめて、夏のセールの時にはいないなんてことないでしょうね!?」
実乃は昔付き合っていた彼が医師国家試験に合格し、実乃の25歳の誕生日である8月1日にその彼と再会しそのまま婚姻届を出しに行くという約束をしていたのだ。その彼も医師国家試験に合格し、後は8月1日を待つばかりの実乃だった。

 衣咲は幸平の工場の前で運転の練習をさせてもらっていた。その時理一がバイクで現われ、もう少しでぶつかりそうになる。それから幸平と実乃は衣咲の運転する車から降りるが、代わりに理一が教える羽目になった。何度やってもうまくいかず、理一はいらいらして車の中ではケンカばかりの二人。一方、幸平と実乃は二人で幸平の部屋で映画を見ていた。一生懸命話す幸平に突然実乃はキスをする。幸平は舞いあがってしまった。

 運転の練習が終わった二人は、理一の撮った映画の話になる。衣咲は理一の映画を見たとき、初デートでつけ麺を食べにいったことを思い出したと理一に言う。初デートでつけ麺ということに理一は笑ってしまった。そこで、理一は衣咲に英介を狙ってみればというが、衣咲は接点がないという。それから衣咲の出会いについての講義を聴かされる理一。
「(兄貴と接点なくて)残念だね。俺とだったらたくさん接点あるのにね。」
と理一は言った。
『それってあたしのこと口説いて・・。』
「ません。」
『冗談だよ。』
そして理一は衣咲に接点を持ってもらうため、英介のバーのチケットを渡す。

 次の日の夜、歩美が理一のマンションの前で待っていた。理一は兄貴はいなかったと聞くが、
『理一君に会いに来た。』
と歩美は言う。そして、とってつけたように理一の卒業制作の映画を観てないから観せてくれという。理一の部屋に二人は入ると、理一は違う映画をかける。卒業制作は恥ずかしいから一人で観てほしいという。映画を観ているとき歩美は理一の手を握る。

 英介の店に衣咲が訪れる。衣咲は
『いつオープンするの?』
「一応、もうオープンしてるんだけど。」
『この状態でお客入れたの?』
「(君が)第一号。衣咲ちゃんが最初のお客さん。」
そんな時、雪絵が英介のお店に現われる。雪絵は言う。
『どうして慶応出て、銀行入って、MBAまでとった人がバー開かなきゃなんないの?きいてるんだから説明してよ!』
「こっちも聞きたいんだけどさぁ。雪絵は俺が慶応出て、銀行入ってMBAとったから俺と付き合ってるの?仮に銀行辞めてもっと大きな会社入っても、そいうふうに責めるの?」
という英介の言葉に衣咲は反論したが、雪絵に叱咤されて謝る。
「で、どうしたいの??」
『英介は?』
「どうでもいい。」
その瞬間、雪絵に殴られる。衣咲は
『あなたって、意外とモテなかったりする?』
「何でわかるの?」
『誰でもわかるよ。』
「よしじゃあ、ワインでも開けるか!」
『最初っからそんなんで大丈夫なの?』
「最初だからでしょ。オープンに、第1号に、失恋に。」
『よーし、開けるか!』

 理一の部屋では、映画が終わった。
『終わっちゃった。』
と歩美が言う。理一はその瞬間、歩美を抱きしめた。そしてキスをする。

<マイケルの一言>スローダンスでちょっと不気味なのは実乃ですね。
一見明るく振舞ってますが、なんか訳ありって感じです。今後の
展開が楽しみです。
posted by マイケル at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

スローダンス vol.2

スローダンス vol.2 2005年7月11日放送
 
 江上政之は衣咲に豪華客船のディナークルーズのチケットを残してドイツに行ってしまった。衣咲はその夜いつもの居酒屋で理一と飲む。昔はここぞというときは泣けたが今は涙が出なくなったとたわいもない話をする衣咲。飲みすぎた衣咲は理一のマンションの前まで来ると、気持ち悪くなり理一のマンションに立ち寄る。トイレを借りると
「スッチーの彼女から連絡来るといいね。」
と言ってチケットを理一に渡して出て行く。
 次の日、衣咲は自分の店で小池実乃にドイツまで追いかければよかったのにと言われる。衣咲は本当に追いかけてきてほしければディナークルーズのチケットなんか置いていかないと言う。そしてそのチケットも他人にあげてしまったことを実乃に言う。実乃は行きたかったのにと衣咲に言った。衣咲はもしかしたらまだそのチケットを取り返せるかもしれないと考えた。その夜、衣咲は理一と偶然会う。そこで衣咲は理一にスッチーの彼女をもうディナークルージングに誘ったのかと聞く。衣咲は早く誘うように言う。理一はその場で歩美に電話をかけるが電話は解約されたあとだった。衣咲と実乃は理一の部屋に指輪をとりに行く。先日衣咲がトイレを借りたときに洗面所に忘れていったからだ。そこで理一の兄英介に偶然会い、4人はダーツをしに行く。理一は衣咲に英介を好きになったかと聞くが、衣咲は男を顔で判断しないといい、英介には目もくれなかった。実乃は英介を気に入ったようだったが・・・。家に帰った理一は英介に、ここからだと勤め先の銀行は遠いのではと聞く。英介は平然として銀行を辞めたといって理一を驚かせた。辞めた理由は会社が禁煙になったからだったと英介は言う。
 衣咲は上司の小野田部長にミセスブランドのエリアマネージャーになることを受け入れたいと言ったが、小野田は衣咲に新ブランド・キッズブランドの店長になるように言われた。
 理一の留守電に歩美のメッセージが入っていた。理一は歩美をディナークルーズに誘うが、歩美が遅刻したために船には乗れなかった。その時、衣咲は偶然英介と会い競馬に行ったりしてストレス発散していた。衣咲と英介は理一の部屋に戻ったが、酒のつまみがないので英介は買い出しに行った。部屋には衣咲一人が残っていた。そこへ理一が歩美を連れて部屋に戻ってきたのだ。3人は気まずい雰囲気になり、歩美は帰って行った。衣咲と理一は二人になり口げんかをしてしまう。そして衣咲は帰った。二人ともモヤモヤしたまま次の日からいつものように仕事をするのだった。
 仕事が休みの日に衣咲は実乃に呼び出された。幸平と二人で夏祭りに行くのは嫌なので理一と衣咲を呼んだのだ。そして、衣咲は金魚すくいをしながら、自分は人生あきらめないと理一に言い聞かせるのであった。
posted by マイケル at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

新番組 スローダンス Vol.1

スローダンス Vol.12005年7月4日放送
芹沢理一 妻夫木聡
牧野衣咲 深津絵里
長谷川幸平 田中圭
小池実乃 広末涼子
江上政之 勝村政信
八嶋優太 小泉孝太郎
広瀬歩美 小林麻央

 芹沢理一はいつも毎朝HEMINGWAYという店でダブルトールカプチーノを買うのが日課だ。この日、理一はいつも頼んでいるダブルトールカプチーノではないと気付く。牧野衣咲は教習所に行く途中にHEMINGWAYに立ち寄った。教習所行きのバスが来る前にコーヒーを買おうと思ったのだ。衣咲の順番が来たとき理一は横入りして、注文と違うので取り替えるように店員に言う。衣咲は理一にちゃんと並んでから言うようにと注意する。そこでもめているうちに、教習所行きのバスが行ってしまった。仕方なく衣咲はタクシーで行く。理一は教習所の教官だった。理一はさっきの女性が牧野衣咲だということを知る。さらに衣咲は理一が高校のときの教育実習生だった。
 衣咲はその夜、恋人の江上政之とレストランで食事をする。そして、政之にプロポーズの返事を求められ、OKする。しかし、そのあと政之から来週フランクフルトに一緒に行ってくれるように言われ戸惑う。衣咲はすぐには一緒にドイツには行けないと言う。
 次の日、理一と衣咲は教習所で偶然一緒の車になる。その中で衣咲は彼氏のこととか仕事のこととか一方的に話していた。そこで、理一は衣咲が教師をやっていないことを知る。衣咲は政之から連絡が一向に来ないことを理一や部下の小池実乃にぐちぐちとこぼしていた。
 独身なのにミセス・パンサーのマネージャーになった衣咲は部下の実乃と営業の八嶋優太と3人で居酒屋で飲んでいた。まもなく八嶋を強引に帰らせた実乃は、教習所で声をかけてきた理一の友人の長谷川幸平を待っていたのだ。幸平と一緒に理一もやってきて、衣咲と鉢合わせになった。すでに衣咲は酔っていて暴言を吐きまくっていた。実乃は終電のため先に帰った。それを送っていこうと幸平も。つまり、酔っ払った衣咲を理一が送っていくはめになったのだ。部屋まで衣咲を送って、帰ろうとした理一だったがその時、政之が彼女のマンションを訪れた。理一はあわててしまった。理一は政之と話し月曜に政之がフランクフルトへ発つことを知る。
 幸平の工場で理一はまた衣咲に会うが、衣咲の言葉に理一はキレれてすごい勢いで衣咲に説教する。
 次の日、教習所でまた一緒になった理一と衣咲。突然理一は
「行かなくていいんですか?」
『行くってどこに?』
「空港。」
『空港?何で?』
「見送り。」
『誰の?』
「あなたの彼なのか、元彼なのかもしれないですけど。今日ですよね?ドイツ行くの。」
『今日!!??』
「だって月曜日って・・・。」
『何で君が知っているわけ!?』
「だってこの間、彼が来たんだもの。」
『来たって、どこに?』
「だから、あなたの家に彼が来たんですよ。」
そして、空港に向かう理一たち。空港についてインフォメーションでフランクフルト行きを訪ねるが、無常にも全部出発したことを知る。そのとき、理一は偶然にも元恋人広瀬歩美に会ってしまう。
 その夜、理一はHEMINGWAYで衣咲に会う。理一は衣咲に今までの人生を語る。そして、衣咲の教育実習の時にいってくれた言葉に勇気付けられたことを理一は正直に打ち明けた。

<マイケルの一言>ドラマの中で広末涼子が
『女って、男の人の前でキャラ変えるのって当たり前ですよね!』
というようなことを言っていた!それは本当ですか???女性ってキャラ変えるの得意なんですか?マイケルは誰の前でも同じなので(見知らぬ人の前ではしゃべりませんが)わかりません。誰か女性の方、コメントくださーい!待ってまーす。
posted by マイケル at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。