2005年08月14日

スローダンス vol.5

スローダンス vol.5 2005年8月1日放送

 小池実乃(広末涼子)は鹿児島まで英介(藤木直人)を追いかけて行ってしまった。牧野衣咲(深津絵里)は教習所で自動車を運転しながら心配する。教官の理一(妻夫木聡)は必死に何も起こらないと衣咲をなだめる。

 衣咲は英介のことが気になって仕事に身が入らない様子。

 一方、英介の方は幻の焼酎『しば田』の3年ものを求めて交渉するが失敗。しかし、そのあと実乃が笑顔で交渉し、難なくしば田を手に入れてしまった。実乃と英介はお昼を食べて空港に戻るつもりだったが、なぜか実乃はもう少し残ると言う。結局、英介は実乃を置いていくことができずに鹿児島に一泊することになった。

 理一はその日の夜に届く英介の荷物を英介のお店にとりに行った。英介に頼まれたからだ。その時理一と一緒に遊んでいた幸平(田中圭)と木田(西野亮廣)も行った。そこへ衣咲と八嶋優太(小泉孝太郎)があらわれ、英介と実乃が鹿児島に一泊することを知る。幸平は衣咲から実乃も鹿児島にいることを聞かされ意気消沈する。一方はじめて会った木田と八嶋は仕事の話で盛り上がり、八嶋の仕事を10万5千円で引き受けることになった。

 夜中の鹿児島の街中で実乃は英介に誕生日だということを明かす。そして、6年前にその時付き合っていた彼氏と今日会って婚姻届を出しに行くということも。実乃は彼が来ないのが怖かったから鹿児島についてきたことを英介に打ち明ける。そして二人はキスをする。それから一晩を一緒に過ごした。

 衣咲のマンションに衣咲の母が突然あらわれ、来週の日曜日に再婚する予定の相手と会ってくれるように言った。そして、衣咲も31歳なんだから早く良い人を見つけるようにという余計なことまで行って帰って行った。

 次の日、仕事が休みの理一は歩美と会った。そして映画を見る計画を立てていたその時、木田から電話があった。木田は幼稚園で衣咲のキッズブランドのDVD製作の撮影中だった。しかし、子供たちが言うことを聞いてくれないので理一に助けを求めたのだ。理一は困った。考えたあげく、歩美に教習所の仕事が入ったとウソをついて幼稚園に向かったのだった。

 幼稚園に着いた理一はうまく子供たちを誘導し、遅れていた撮影も無事完了することができた。衣咲に監督に向いていると言われる理一。そんな時、歩美が現われる。幸平が余計な気を利かせてしまったのだ。理一は歩美に仕事だと言ったのでウソをついていたことになり合わせる顔がなかった。

 夜、実乃は一人でティファニーの店の前を歩いていたとき、6年前の恋人佐々木明から電話があった。彼は6年前の約束を覚えていたのだ。今度改めて会おうと言われる。実乃は英介にそのことを電話で話した。英介は
「よかったね!」
と実乃に言った。

 撮影の打ち上げで理一たちは居酒屋にいた。八嶋のおごりでみんな飲んでいた。衣咲もあとから駆けつけるはずだったが、なぜか行かずに英介の店に寄っていた。英介は実乃のことで弱っていて、お店を開店させていなかった。衣咲も若者についていけないと英介に弱音を吐く。英介は衣咲を抱きしめた。
posted by マイケル at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スローダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5890051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。