2005年08月06日

いま、会いにゆきます 第5回

いま、会いにゆきます 第5回 2005年7月31日放送


 「ねぇ、たっくん!ママはまだたっくんによその人みたいだよね!?」
と佑司は巧に言う。そして、佑司は澪に今度は3人でお風呂に入ろうと言う。澪はオドオドしながら、そうだねと答えた。

 巧は物置から古本を持ってきた。バザーに出すために。その中に中学校のときの教科書があるのを澪は見つけた。中学のとき澪が間違って巧の教科書に絵を書いてしまった思い出を楽しそうに語る巧。

 学校で自転車の運転教室があり佑司はそこで先生に褒められた。それをうれしそうに話す佑司。佑司は今度3人でサイクリングに行こうと澪を誘った。澪は快くOKしたが、巧から澪が自転車に乗れないことを聞かされる。

 澪は夜中に眠れなくて台所にいた。巧はそっと声をかける。澪は自転車が乗れないことよりも巧が教えてくれた自分の過去を思い出せないことにショックを受けていた。自分が生まれた家を見てみれば何か思い出せるかもしれないと澪は言った。巧は澪をそこへ連れて行った。もちろん、遠くから見ているだけだったが。

 次の日、巧は永瀬万里子(岡本綾)から澪の絵が描かれた教科書を受け取った。バザーに出す本の中に混じっていたのだった。

 澪の母榎田涼子(三田佳子)は町の医者本郷尚美(余貴美子)と公園でおしゃべりをした。涼子は突然
『最近なんだか澪を感じることが多くって!』
と話した。本郷は驚いた。夜中、澪はどこかに出かけているようだった。

 次の日、佑司は澪がなんだか変なのに気付く。手に絆創膏をつけていたからだ。佑司は近所の菊地俊輔(生瀬勝久)に悩みを聞いてもらう。その悩みとは昔はよく巧と澪は一緒にお風呂に入っていたのに、今は入ろうとしないということだった。

 その夜、巧は澪が外に出て行くのに気付いた。巧は外で澪が自転車の練習をしているのを見た。手の絆創膏は自転車の練習をしていたからだった。そして、二人は一緒に自転車の練習をするのだった。澪は自転車に乗れるようになれば何かが変われるような気がした。

 付き合い始めたころのことを突然聞き始めた澪。卒業式の日に二人の物語が始まったと巧は言った。そして、過去と今の澪を結び付け始める巧だった。そして、澪は今が大切だということを気付き始める。

<マイケルの一言>うーーん。万里子が気になる。万里子は巧のこといったいどう思っているの??次回あたりに何かありそうですね。楽しみです♪
posted by マイケル at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いま、会いにゆきます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5659461

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。