2005年07月28日

ひと夏の思い出♪

どらまっくす♪のマイケルです。夏ですねーー!夏と言えば『花火♪』ですよ!マイケルの生まれ育った町でも花火大会が行われるんです。中学時代の友達と今年こそ会いたいマイケルです!

 この前会ったのは22歳のときですかね。今マイケルは28歳ですから、6年も前です。あの時もマイケルは彼女いなくて(『あのときも』の『も』に注目)花火大会に気合を入れてました!!!

 そしたら、中学時代同級生だった女の子が警備員として働いてました。中学のときも可愛かったけどもっと可愛くなっていました!

『今、声かけなければ一生後悔する!』
マイケルの心はそう叫んでいました。マイケルは決心して声をかけました。

彼女はマイケルのことを覚えていたんです(涙←うれしい方の・・・)同級生は300人もいたのですがマイケルは少し有名だったので覚えていたんでしょうね。なぜ、有名かは今度話しますね(笑)

実は彼女と中学時代は一度も話をしたことがなかったんです。これで仲良くなったら運命ですよね??(おおげさですかね)マイケルは考えました!彼女ともっと仲良くなる方法はないのか?と。そうだ!プレゼントをしよう!安直な考えでした。

彼女のにプレゼントしたものとは、な・な・なんと!
『焼き鳥』(爆笑)でした。なぜなら、花火の日なので近くに焼き鳥の屋台があったからです。

今から思えば顔から火が出るほど恥ずかしい思い出です!でも当時のマイケルはそれが精一杯だったのです!

マイケルのひと夏の出会いは『焼き鳥』によってかき消されたのです。
posted by マイケル at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケルの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。