2005年07月28日

いま、会いにゆきます 第4回

いま、会いにゆきます 第4回 2005年7月24日放送


 毎日ぴったり同じ時間に帰ってくる巧に澪は驚いた。澪の心は複雑だった。3人はいつも一緒にいるはずなのに、なぜか時々遠く感じてしまうことがあるからだ。

 佑司は昔のママの夢を見た。ピーマンを残してすごくしかられた夢だ。昔の澪は食べ物を残す佑司には厳しかったが、今の澪は昔の澪とは感じが違うと感じる佑司。
澪は戸棚の中に佑司の成長記録を見つける。中からはたくさんの思い出の品が出てきた。その中に澪の名前の書かれた封筒が出てきた。その中には四葉のクローバーがあった。
仕事の同僚永瀬万里子(岡本綾)が巧のためにお弁当を作ってきたが、巧は澪がお弁当を作ってくれたのでそれを断る。永瀬は移動店舗車、『UFO屋さん』の店主小笠原友也(でんでん)にそのお弁当をあげてしまう。彼は巧のお弁当を見て、女性が作ったものだと言う。そしてお弁当を作った女性について巧にしつこく聞くのだった。
佑司は澪に叱ってもらいたかった。昔のように。でも、服を汚してもピーマンを食べなくても澪は佑司を叱ってくれなかったのだ。
巧は主治医の本郷尚美(余貴美子)に澪に自分のこだわりや苦しいことをまだ打ち明けていないと相談する。本郷は巧に澪の前でそういうことをささやいてみたらとアドバイスする。

 その夜、巧と澪は佑司の成長の記録のことで盛り上がる。四葉のクローバーの話になり、それは澪が中学時代巧にくれたものだった。そのおかげで巧は大会で6位に入賞できた。その四つ葉のクローバーも佑司によって葉が一枚とれてしまっていた。

 次の日の夕方、突然激しい雨が降ってきた。巧は家に電話すると澪が出た。澪は佑司がとっくに帰ってきてもいい時間なのにまだ学校から帰ってこないと言う。巧は澪にすぐ帰るから勝手に家から出ちゃダメだよと言う。その電話の姿を目撃した永瀬は巧に何かあったのかと心配そうに尋ねる。
『佑司がまだ学校から戻って来てないらしくて』
と答える巧。永瀬はその言葉に驚いた。なぜなら、巧は佑司と二人暮らしだからだ。

 巧が家に帰ったとき誰もいなかった。澪は佑司を見つけに行ったのだ。澪は佑司を川の中で見つけた。佑司は雨の中四葉のクローバーを見つけていたのだ。

 その夜、巧は思い切って自分の習慣を澪に打ち明ける。巧は申し訳なさそうにしていたが澪は優しく承諾した。

 次の朝、ジョギングしている本郷に
「先生!僕、澪に言えました!」
と報告した。佑司は朝食のとき初めてピーマンを食べることができた。巧は自分のピーマンを佑司にあげた。巧もピーマンを食べられないのだ。それを知って澪は意地悪そうに怒った。出かけ際澪は巧にピーマンにラップをかけて置いておくと言った。この光景はすっかり仲良くなった本当の家族のようだった。

〈マイケルの一言〉佑司が四葉のクローバーを大雨の日に探していたのがけなげで可愛いですね。巧と澪も大切ですが、やっぱり佑司の存在は欠かせませんね。みなさんは佑司のような子供がほしいですか?若いうちは夫婦2人でも寂しくないかもしれませんが、歳をとったら子供の存在は大きなものとなるでしょうね♪
posted by マイケル at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | いま、会いにゆきます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。