2005年08月06日

いま、会いにゆきます 第5回

いま、会いにゆきます 第5回 2005年7月31日放送


 「ねぇ、たっくん!ママはまだたっくんによその人みたいだよね!?」
と佑司は巧に言う。そして、佑司は澪に今度は3人でお風呂に入ろうと言う。澪はオドオドしながら、そうだねと答えた。

 巧は物置から古本を持ってきた。バザーに出すために。その中に中学校のときの教科書があるのを澪は見つけた。中学のとき澪が間違って巧の教科書に絵を書いてしまった思い出を楽しそうに語る巧。

 学校で自転車の運転教室があり佑司はそこで先生に褒められた。それをうれしそうに話す佑司。佑司は今度3人でサイクリングに行こうと澪を誘った。澪は快くOKしたが、巧から澪が自転車に乗れないことを聞かされる。

 澪は夜中に眠れなくて台所にいた。巧はそっと声をかける。澪は自転車が乗れないことよりも巧が教えてくれた自分の過去を思い出せないことにショックを受けていた。自分が生まれた家を見てみれば何か思い出せるかもしれないと澪は言った。巧は澪をそこへ連れて行った。もちろん、遠くから見ているだけだったが。

 次の日、巧は永瀬万里子(岡本綾)から澪の絵が描かれた教科書を受け取った。バザーに出す本の中に混じっていたのだった。

 澪の母榎田涼子(三田佳子)は町の医者本郷尚美(余貴美子)と公園でおしゃべりをした。涼子は突然
『最近なんだか澪を感じることが多くって!』
と話した。本郷は驚いた。夜中、澪はどこかに出かけているようだった。

 次の日、佑司は澪がなんだか変なのに気付く。手に絆創膏をつけていたからだ。佑司は近所の菊地俊輔(生瀬勝久)に悩みを聞いてもらう。その悩みとは昔はよく巧と澪は一緒にお風呂に入っていたのに、今は入ろうとしないということだった。

 その夜、巧は澪が外に出て行くのに気付いた。巧は外で澪が自転車の練習をしているのを見た。手の絆創膏は自転車の練習をしていたからだった。そして、二人は一緒に自転車の練習をするのだった。澪は自転車に乗れるようになれば何かが変われるような気がした。

 付き合い始めたころのことを突然聞き始めた澪。卒業式の日に二人の物語が始まったと巧は言った。そして、過去と今の澪を結び付け始める巧だった。そして、澪は今が大切だということを気付き始める。

<マイケルの一言>うーーん。万里子が気になる。万里子は巧のこといったいどう思っているの??次回あたりに何かありそうですね。楽しみです♪
posted by マイケル at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いま、会いにゆきます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女王の教室 第5話

女王の教室 第5話 2005年7月30日放送

 和美(志田未来)は朝から気が重かった。姉の優(夏帆)は和美が心配だった。和美は6年3組に入ったとたん恵里花たちには無視され、マリたちにはひどい言われ方をする。進藤ひかる(福田麻由子)には話しかけずらく、真鍋由介(松川尚瑠輝)は休んでいた。
 
 阿久津真矢(天海祐希)が入ってきて授業を始めた。和美が教科書を開くとそこにはびっしり落書きがされていた。和美が読むように真矢に言われると和美は自分の教科書を机の中に隠し、教科書を忘れたと真矢に言う。真矢は廊下に立っていろと言った。
 
 橋の下の川辺で由介は一人で野球をやっていた。そこに真矢が現われ、一枚の紙を渡した。

 プールの授業でおぼれさせられたたり、カバンに石ころを詰められたり、和美は確実にいじめられ始めた。そのことに隣のクラスの担任天童しおり(原沙知絵)が気付いた。そのことを真矢に言うが、真矢は取り合わない。いじめられないように自分でその方法を見つける力をつけるべきだというのが真矢の言い分だった。

 その日の夜、優は和美の教科書が落書きされているのを見てしまう。そして、和美に明日は休みだからどこか和美の好きなところに行こうと誘う。

次の日、二人は動物園へ行く。そこになんと真矢がいたのだ。真矢に文句を言うために優は話しかけるが、逆に優が学校をサボっていると言うことを指摘され、返り討ちにあう。それから真矢は由介は3月まで学校に来ないと和美に言った。川辺で渡したあの紙は卒業証書だったのだ。
 
 和美はその日由介の家を訪ねる。そこには由介のおじいちゃんがいた。由介のおじいちゃんはオカマさんだった(笑)由介にはおばあちゃんと言うようにいつも言っていたが、由介は決しておばあちゃんと言わなかった。(当たり前!)そこで由介とケンカしてしまう。
 
 そしてまた学校の日がやってきた。和美の机は落書きでいっぱいになり、廊下に放置されていた。教室に入ろうとして水をかけられ、クラスメイトはみんな笑っていた。和美は我慢できずその場から立ち去った。

 学校を出ようとしたとき、真矢が和美の前に立ちはだかって言った。
「とうとう逃げ出すわけ。でもどこに行くの?真鍋由介ともケンカしたんでしょ!?友達がいないとこの世は終わりよ!どうすればいいか教えてあげましょうか。私に降伏すればいいのよ!わたしを味方につければもう誰もいじめないし、こわいものは何もないのよ。」
『どうしてそんなにいじめるのよ!?あんたのせいで友達いなくなったじゃない!!』
泣き叫ぶ和美に真矢は
「いいかげん目覚めなさい!くやしかったら自分の力で何とかするのね。誰にも頼らずに、自分だけの力で!」
と冷たく言った。
 
 学校をサボった和美は泣きながら商店街を歩いていた。そこで由介のおじいちゃんに声をかけられた。おじいちゃんは言った。由介は昨日から元気がなく、原因はぬいぐるみのモグラをなくしたからではないかと。そのモグラのぬいぐるみは由介が出て行ったお母さんからもらった大切な宝物だったのだ。和美が由介とケンカしたときに和美が川に投げ捨ててしまったのだった。

 和美は川で一生懸命探した。そしてやっと見つけたのだった。由介の心は動いた。このまま真矢に負けるのは嫌だと。

 朝、和美と由介は教室で明るく振舞い、教室のみんなはびっくりしていた。真矢が入ってくると、由介は卒業証書を真矢に返した。そして和美も言った。
『先生!もう逃げませんから!!』
「もうすぐ夏休みだと思ってたかをくくっているんじゃないの?ふたりとも!この際だから言っておくけど、私の教室では夏休みはありません!!」
真矢は衝撃的なことを言った。

<マイケルの一言>和美がいじめられてしまいますね。みなさんはいじめられた経験がありますか??マイケルは少しだけあったような気がします。マイケルは周りの子供よりも少し体が小さかったので、プロレスごっこで投げられたりしているうちにいじめられることもあったのです。いじめの原因なんて些細なことから始まります。マイケルはいじめられないために、勉強ができるようにがんばりました。野口英世と同じです。野口英世は左手が不自由なために「てんぼう」(手が棒)といわれいじめられました。そのいじめから逃れるため、勉強しかないと彼は思ったのです。マイケルの場合はいじめと言うところまでではなかったですが、野口英世はひどくいじめられたそうです。でもそのがんばりのおかげで彼はみんな認められる偉大な医者になったのです。今回のドラマで和美はいじめに負けそうになりましたが、由介やかれのおじいちゃんのおかげでそれを克服しました。和美がどうやってこのあとクラスを変えていくのかがたのしみですね♪

posted by マイケル at 02:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 女王の教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン桜 第4話

管理人のマイケルです。突然ですが、『占いはなぜトランプを使うのか?』ってわかりますか?実は第4回のドラゴン桜にその答えがあったのです!ドラゴン桜は受験生だけではなく、大人も考えさせられるようなことがたくさんありますね。そして、「自分もできるようになる」という勇気を与えてくれます。だからマイケルはドラゴン桜が大好きです!

ドラゴン桜 第4話 「壁にぶつかるまで 我慢しろ」 2005年7月29日放送


 合宿も半ばに差し掛かった。桜木は伝説の数学教師柳鉄之介(品川 徹)に会いに行き、彼を特進クラス専属の数学の教師にすることに成功。柳鉄之介は『詰め込みこそ真の教育である』を絶対的定義としていた。

 柳鉄之介の厳しい授業が始まった。東大入試までに計算マシーンとなれ!柳は言う。矢島は反発するが、桜木は勝ちたいのなら俺らよりも頭よくなれと説得する。柳の授業ではビリの人間は『バカ』と書いてある鉢巻をまいて授業を受けるのだ。この前のテストでビリだった水野直美(長澤まさみ)がその鉢巻を巻いた。そして運命のテストが始まった。みんな鉢巻を巻きたくないのでがんばった。今回の鉢巻を巻くことになったのは香坂よしの(新垣結衣)だった。鉢巻を巻いた香坂を見て矢島勇介(山下智久)は
「それを巻くとマジバカっぽいな。」
と一言。それから矢島は水野にわからない問題を質問した。香坂は水野に嫉妬して
『わたし、もうやめる!』
と言って出て行ってしまった。

 井野真々子(長谷川京子)は放課後、香坂を探しに行った。それに矢島もついて行った。矢島はすこし責任を感じているみたいだった。

 残った3人はひたすら問題を解きまくっていたがだんだん点数が落ちてきて、集中力もなくなってきた。そこで、桜木はトランプで頭を活性化する方法を提案した。以前柳が使っていた方法だ。トランプの数字をすべて足すと364となることを利用する方法だ。
 
 【柳式頭の活性化方法】
2人で対決するもので、52枚のトランプの束を各自が持ち、スタートの合図をもとに一枚一枚机の上に出していく

そして、その出されたカードの数字を一つ一つ足していく

最後に364に早くたどり着いたほうが勝ちとなるのだ。

【プチ情報】
なぜ占いにトランプが使われるのか?

それは52枚のトランプをすべて足すと364となり、1年365日の365にもっとも近い数字になるからである。


3人がトランプで頭を活性化しているとき、井野と矢島は香坂を探すため、あやしいお店にいた。そこで、井野は不良グループにチキンランで勝負するように言われる。井野はあまり意味もわからずOKしてしまった。

次の日、今までと違った柳式問題解答同時プリントという方法で勉強を始めた特進クラス。これは短時間にたくさんの問題に触れられるというメリットと時間配分に気を使う練習である。
 
 そんな中、井野は桜木のバイクを借りて校庭で走る練習をする。そんな井野に桜木は一言だけアドバイスした。
『壁にぶつかるまで我慢しろよ!』
と。

 勝負が始まった。海に向かってバイクを飛ばす不良グループの一人と井野。井野は勝負の間中桜木の言葉を思い出し、その言葉を唱えていた。そして、井野はアドバイス通り我慢し勝ったが、海へ落ちた。香坂は心を動かされた。そして、香坂は特進クラスに戻ってきた。
posted by マイケル at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。